フェミニーヌは3年ごとに15万円のボーナスがもらえる女性のための入院保険!損保ジャパンのフェミニーヌなら、子宮筋腫など女性の気になる病気だけでなく、がんやその他、ほとんどすべての病気やケガまで保障します。
フェミニーヌの資料請求はこちら→女性入院保険フェミニーヌ


乳がん

女性特有の病気のひとつに乳がんがあります。
乳がんの発生は、年齢別には30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少していくそうです。
また、乳がんにかかる数は乳がんで死亡する人の数の3倍以上といわれ、これは乳がんを発症した人の生存率が比較的高いという事を示しています。
しかし、乳がんをはじめ、がんの治療に係る費用はとても高いものになります。
程度によっては、1年間に100万円以上の自己負担になる場合もあるようです。健康保険の高額医療費制度を利用したとしても、結構な額のお金を用意しておく必要があります。
これをまかなうのが保険であるわけで、保障のしっかりとした保険を選びたいものです。

【参考】
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
乳癌に罹患するリスクは年齢と共に増加する。九十歳の女性の場合、その年齢までに乳癌に罹患した人の比率は12.5%であり8人に1人は罹患していることになる。これは女性の癌の中では胃癌を越え、現在1位である。また、今後も増えていくと考えられている。男性も乳癌に罹患することがあるが、 1000人に1人程度である。(sex and illness)このリスクは色々異なった要因で変わってくる。家系によっては、乳癌は遺伝的家系的なリスクが強い家系が存在する。人種によっては乳癌リスクの高いグループが存在し、アジア系に比べてヨーロッパ系とアフリカ系は乳癌リスクが高い。

他の明確になっているリスク要因としては以下の通り。いずれもエストロゲンの長期並びに過剰状態を反映している。

* 妊娠・出産歴がない
* 第一子の後
* 母乳を与えない
* 初経年齢(月経が始まった年齢)が低い
* 閉経年齢が高い
* ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている
* 女性化乳房症(男性の場合)

年齢と共に乳癌の発生する確率は高まるが、若年齢で発生した乳癌は活動的である傾向が存在する。乳癌の一種の炎症性乳癌(Inflammatory Breast Cancer)は特に活動的で、若い女性に偏って発生し、初診時のステージがIIIbまたはIVであることが多い。この癌は他とは変わっていて、乳癌のしこりが無いこともしばしば見受けられ、マンモグラフィーや超音波検査で発見することが出来ない。乳腺炎(Mastitis)のような乳房の炎症が症状として現れる。

タグ:女性保険
posted by femin at 02:15 | 女性の病気
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。